by

『蘭陵王』原創故事小說

『蘭陵王』について、続きを書こうと思っていたのが、どうやら中途半端なまま終わりそう。

ドラマについて書くのは諦めて、ドラマとラストが少し違っていた原創故事小說について、少しだけ。

以下、ネタバレを含みますので、折り畳んでおきます。

未見の方はどうぞご注意ください。

 

 

検索サイトからだと、

プロジェクトμ EURO SPORTS Excellence W211(Sedan) 211022 06/08~ リア

商品内容
メーカー・商品名

プロジェクトミュー ブレーキパッド EURO SPORTS Excellence

適合情報

メーカー:プロジェクトミュー
自動車メーカー:メルセデスベンツ/Mercedes-Benz
車種:W211(Sedan)
型式:211022
年式:06/08~
排気量:E320 CDIcc
備考: ※予め形状図をご確認ください。特に並行輸入車や特別仕様車の場合、品番が異なる場合がございます。(メーカーHP参照)
取付部位:リア
ジャンル:IMPORT(輸入車用)
パッド種別:EURO SPORTS Excellence
メーカー品番:Z432

商品説明

ストリートでのスポーツ性能に優れながら、ダストとノイズを抑制。踏力に応じたコントロール性も高く、ドライバー心地よいブレーキフィールをもたらすモデル。
材質:ノンスチール
温度域:0~500℃
摩擦係数:0.38~0.45μ

発送詳細

発送は宅配便での発送となり、送料は「お買い物ガイド」に記載の通りとなります。
また、代引出荷の場合、別途手数料を頂戴致します。なお、特注対応品については代引出荷は承れません事を予めご了承下さい。

発送業者のご指定は出来ません事を予めご了承願います。

支払方法

お支払方法はお買いものガイドに記載の通りとなります。

注意事項 メーカー取り寄せ品となり、メーカー在庫がある場合、ご入金確認後、土日祝日を除く2日以内に出荷致します。生産手配後(入金後)のキャンセル、数量変更は出来ませんので、あらかじめご了承ください。在庫は常に変動しておりますので、お急ぎの方は必ず在庫確認の質問をして頂き、当方より回答をさせて頂いた上でご注文下さい。メーカー欠品中の場合、ご注文日より土日祝日を除く約7~10日後の出荷対応となります。
商品については予告なく廃盤、仕様変更等が発生致します。従って情報更新が遅れる場合が御座いますので該当メーカー品番の最新の適合情報、商品仕様はメーカーホームページにてご確認をお願い致します。また、商品変更等に関してはお受け出来ません事をご容赦下さい。

、エントリーが開いた状態で表示されることもあるので、念のため、画像を挿入(笑)
画像の下は、ネタバレ、特にドラマの結末についてのネタバレを含みますので 、どうぞご注意くださいませ。
ちなみにこの画像は台湾版の『蘭陵王』DVD。

 

日本語字幕は嫌い(吹替えはもっと…)で中国語字幕希望、簡体字より繁体字の方が圧倒的に読みやすい私には、台湾版のDVDは本当に有り難い存在です。

 

しかし、見事に真っ赤っか(笑)
作りは台湾版のDVDボックスセット共通のものなんですが、デザインは胡歌のドラマ版『神話』の方が落ち着いていて、ずっと好きです(^^ゞ

 

さて、以下ようやく本題。

 

原創故事小說とドラマではラストが違う ツバキ チェーン Tsubaki Chain Kit (525-type OMEGA ORS)【ヨーロッパ直輸入品】 15 41 MONSTER 750 (750) 99-02 MONSTER 750 DARK (750) 02、という情報はこの本を手にする前にネットで見かけていました。

実際は KARO(カロ)FLAXY(フラクシー) ホンダ ジェイド FR5 H27/05~ FF フロアマット、決して大きく異なっているわけではないのですが、どちらが好きかと言われれば、圧倒的に小説の方。

ドラマでもこういう終わり方にしておいて欲しかった…。

高緯の放った矢によって、雪舞が四爺の腕の中でその命を終えようとするのは同じ。

女媧廟での誓いを守ろうとせず、いい人を見つけて欲しいと言うのも。

「できるなら、私より美しくはなく、私より聡明じゃなく、 私より気だても良くない人を。でないと… あなたに忘れられてしまいそうで…。わかってくれる?」なんて言う彼女に、妻は生涯 楊雪舞ただひとりだと四爺が叫ぶのも同じ展開。

 

ただ、小説がこの2人について描くのはここまで。

四爺の慟哭が谺する皇宮。

四爺は雪舞を抱いたままその皇宮から歩み去り、その後、2人の行方は杳として知れず。

2人は乱世の中に消えてしまう。

楊雪舞の生死は? 彼女と高長恭の2人は一体どこに消えてしまったのか?

巷間の伝説は諸説紛々、ただ蘭陵王と天女の恩恵を今も心に刻む人たちにはわかっている。

平和で幸せで、心安らかになすべきことができる、そんな日々がある限り、高長恭と楊雪舞は永遠に彼らの心の中に生き続けるのだと。

これで「完」なんですよね。

 

雪舞亡き後の四爺と息子の平安の姿を描いたドラマ版の最後より、もしかすると奇跡が起こって、2人は阿土と冰兒として、家族3人、つらい経験を乗り越えた分、ひっそりと幸せで穏やかな日々を送ってたりしないかな…、そう思える小説版の最後の方が救いがある気がしました。

ドラマの中盤で描かれた阿土と冰兒としての幸せな生活は、物語の最後への伏線かと期待していたので尚更…。

 

基本的に小説の方はかなり展開も速く、ドラマに比べると物語も相当 端折られているのですが、小説にあって、ドラマになかったシーンもいくつか。

 

中でも、下 ↓ の画像のこのシーン、これはドラマでも是非使って欲しかった。

 

ドラマでも黑衣禁衛軍に紛れ込んだ四爺に全然気付かなかった雪舞(ツッコミどころのひとつですね / 笑)。

 

蘭陵王が毒を呷った後、宇文邕のもとに身を寄せて出産の日を待つ雪舞。

そこに、意識を取り戻し、皇宮を抜け出した後、雪舞の身を案じ四爺が周にやって来ます。

黑衣禁衛軍の衣装を身につけ、彼女の前に姿を現した四爺。

でも雪舞はここでもやっぱりそれに気付かない。

でも、何かを感じてはいたんでしょうね、知らないはずのその人物につい弱音を吐くところ。

周に来てから、ずっと気丈に振る舞っていた雪舞が思わず洩らす、ひとりで生きて行くことへの不安。

今 傍にいるのが誰よりも愛しい四爺だとは気付かずに、かつて夫である蘭陵王が自分の身を案じて禁衛軍に紛れ込んでいた、その思い出を彼に語る雪舞…。

今、隣にいるその姿が、亡き蘭陵王を思い起こさせるから、つい抑え込んだ思いを話してしまった、と。

そんな彼女のためにできることが、ただ軽くその背中を叩くことだけ、という四爺のつらさ。

 

ここは映像でも見たかったのに、残念。

 

それから、ドラマだと、台詞、そして表情や仕草からその時の登場人物の心情を読み取っていくわけですが、小説の方は、当然それが文字で描写されているので、そこも読んでいて楽しい。

 

最初の2人の出会いの時、四爺を女性だと間違ってしまった雪舞ですが、四爺は女性に間違われるのが何より我慢ならないことだったんだとか、鄭兒のことで雪舞にひどいことを言ってしまった時、言った途端に後悔して、何度も謝ろうと思うのに、明らかに怒っている雪舞になかなか言葉を切り出せなかったこととか(笑)

 

最後に、四爺を守るために、彼に内緒で鄭兒の元に赴こうとする雪舞の決意と悲しみ、文章を通じて語られる雪舞の四爺への思い。

そして宇文邕の雪舞への切ない思いも NARDI ステアリング ニッサン 180SX S13 5/10~7/4 FET BOSS KIT(FET ボスキット)・NARDI(ナルディ) ステアリングセット ステアリングボス BOSS〔FB622〕/ステアリング〔N807〕、当然とてもわかりやすく伝わってきます。

 

これでもう少し、じっくり物語が描かれていれば RSR ダウンサス リアのみ エルグランド TNE52 26/1~ 4WD 2500 NA 250ハイウェイスター、かなり読み応えがあったのに、というのだけが惜しまれるところ。

 

でも読み返すと、ドラマのいろいろな場面が浮かんできて、楽しいです^^

 

『蘭陵王』絡みではもう1つ、書きかけのままになっているエントリーがあるのだけれど…。

 

プロジェクトμ プロジェクトμ EURO SPORTS Excellence 06/08~ 211022 W211(Sedan) SPORTS リア

いいね:

いいね 読み込み中…

関連