ライトブルー】DBA-ZRR70G・75G ライトブルー】DBA-ZRR70G・75G 【ヴォクシー 2007.6~2010.4 ZERO1000/零1000 (102-T019B パワーチャンバー 3ZR-FE 3ZR-FE

投稿日:

【ヴォクシー パワーチャンバー ライトブルー】DBA-ZRR70G・75G トラックエデション用17mm(KS-513517)M14xP1.5ナット車 2007.6~2010.4 3ZR-FE リア用左右1セット ZERO1000/零1000 (102-T019B

最近(2016年7月現在)、マチュピチュを始めとしたペルーの観光地各所にていわゆる「セルフィー」つまり自撮りでの写真撮影にまつわる事故が多発しているようです。

まず CRIMSON(クリムソン) CLUB LINEA L747S KING LABEL (クラブリネア L747S キングレーベル) 22インチ 12.5J PCD:135 穴数:5 inset:24 DISK TYPE:HIGH カラー:ブラックポリッシュ [ホイール1本単位]/H、特に話題になったのが2016年6月29日にドイツ人の51歳の男性がマチュピチュにて自撮り中に100メートルほど(日本のメディアは200メートルと報道しているようですね)転落し死亡した事件です。(スペイン語のニュース記事
そして、立て続けに同じ6月29日にペルーのアマゾナス県にある世界で3番目の落差となる771mの滝として有名(現在は他にもっと高い滝が見つかってしまったそうですが)なゴクタの滝にて、韓国人の28歳男性がやはりセルフィーを撮影した直後に滝に500メートルの高さから転落し、後日遺体となって発見されました。(スペイン語のニュース記事

これらの事件は同じ日にペルー内の異なる場所で、どちらもセルフィーの撮影中に転落し、どちらも残念ながら死亡してしまったことから大いに注目され、各種メディアで話題になりました。
しかし、推測ではありますがきっと自撮りによる軽微な事故や、いわゆる「ひやり・はっと」な出来事はもっと起こっているのではないでしょうか。
例えば2016年1月16日にもこんな事件がありました。
チリ人の男性が線路を歩いていた際にペルーレイル社の列車が走ってきたため、男性は列車と自分が一緒に写る様にセルフィーを撮影しようとしたところ、電車との距離を測り間違えて [品番:46010] グラン(GLANZ) ハードブレーキローター リヤ 三菱(MITSUBISHI) エアトレック CU4W 01/7~、電車の手すり部分と衝突してしまいました。(スペイン語のニュース記事
この事故は、幸いにも軽症で済んだようですが、ちょっと間違えれば死亡事故になりえたと思われます。
このニュースはほとんど報道されませんでしたが、他にも同じような事故がちょこちょこ起こっているのかもしれません。

写真よりもまず安全を!!

私もペルーに暮らし、数多くの観光地を回ってきました。
ですから、写真がどれほど旅行者にとって大事か、本当によく理解できます。
自撮りはちょっと気恥ずかしさを感じながらも、時々撮影しています。

ですから、安全のためにセルフィーを撮るな!とは言いません。
むしろ、旅の思い出として CRIMSON(クリムソン) CLUB LINEA L747S (クラブリネア L747S) 19インチ 8.5J PCD:112 穴数:5 inset:37 DISK TYPE:LOW カラー:プレミアムホワイトポリッシュ [ホイール1本単位]/H、ぜひセルフィーを撮ったらいいと思います。
一部のベテラン旅行者はセルフィーを悪く言うこともあるようですね。
「撮影を他の旅行者に頼んで、お互いに撮影しあったりすることで、交流を楽しみ、情報交換もできる。
セルフィーはコミュニケーション能力の欠如で、撮影している様子は滑稽ですらある。」
というような意見を聞いたこともあります。
しかし、そういうことは人の考え方によって異なりますし、色々な場所で何度も他の人に撮影を頼むのも気が引けるものですね。

それで私としましては プロジェクトμ クラブマン・シンタード フロント左右セット ブレーキパッド サイノス EL54 F182 取付セット プロジェクトミュー プロミュー プロμ CLUBMAN SINTERED ブレーキパット【店頭受取対応商品】 [ACRE] アクレ ブレーキローター スタンダードタイプ フロント用 インプレッサ GC8-F48D 98/09~99/09 2000 WRX ※代引不可 ※北海道・沖縄・離島は送料2160円 、セルフィー撮影時に気を付けて危険を避けることをお願いしたいと思います。
例えば、上述のドイツ人男性ですが、その後の証言によると危険な場所のために引いてあったロープを越えて、しかも公園管理者に注意されたにも関わらず立ち入りできない場所に入ってセルフィーを撮影しようとしていたようです。
普通、危ない場所で境界線が引かれていれば、そこに立ち入ることはないでしょう。
しかし、写真を撮るという目的のためには、多少の違反を犯してもしょうがないという心理が働くようですね。
以前話題になった、ナイアガラの滝から転落し死亡した若い邦人女性の事件を思い出します。
ルールを守ってさえいれば、この事件は避けることができたわけです。

ゴクタの滝から転落した韓国人男性ですが、他の旅行者と一緒に良いアングルを探して何度も撮影していたようです。
納得がいくセルフィーが取れるまで、アングルを探しているうちに夢中になって注意を怠ったようです。
ですから、

、セルフィー撮影時には、まず安全な足場を確保し、その後は足元は動かさずにカメラを動かしてベストなアングルを探すのが良いでしょう。

この写真はワイナピチュの頂上です。
ゴツゴツした岩の不安定な足場で、間違うと転落の恐れがあるような場所です。
もっとも、実際に転落するような人はいません。
しかし、セルフィーに夢中になって、

【ヴォクシー パワーチャンバー ライトブルー】DBA-ZRR70G・75G 2007.6~2010.4 3ZR-FE ZERO1000/零1000 (102-T019B

、足元を注意していなければ転落することもありうるでしょう。

セルフィーを撮る時こそ安全第一!
忘れないようにしましょう。