作物の必須アミノ酸の含量を増やす遺伝子工学

 アミノ酸は、タンパク質の構成分として中心的役割を果たすと共に代謝の中間体でもある。ヒト及び多くの家畜はある種のアミノ酸を生合成できない。ヒトでは、これの必須アミノ酸のうちたった一つでも不足すると自分の体のタンパク質を分解してそのアミノ酸を供給することになる トヨタ VOXY / ヴォクシー ZRR70 X3 LED HEAD LIGHT 全光束6000LM 車検対応 LED led ヘッドライト バルブ。科学者たちは、作物中のアミノ酸を富化することを遺伝子組換えで成功した。リジン、メチオニン、トリプトファンが最も注目を集めているものであるが、これらは穀類や豆類で不足がちであるからである。Plant Physiologyに発表された総説によるとアミノ酸の富化作物を組換えDNA法で行なうことに関する最近の進歩がまとめれている。
 多くの研究者が、トリプトファンとメチオニンの含量の増加を種子特異的な方法で行なえることを示している。リジン含量の高いトウモロコシの品種、Ly038、が第一世代の多くの国々で商業利用が承認される栄養価値の高いアミノ酸富化GM作物を代表するものである 激安タイヤ FEDERAL SPORTS595 195/45R16 (フェデラル スポーツ595) 新品タイヤ 1本価格。メチオニンが多いルーピン品種も同様に承認されている。
 この総説の著者であるShai Ufaz氏とGad Galili氏は、アミノ酸富化GM作物の参入とそのインパクトは、一般消費者の受容性にかかっている アトラス用 ピストンキツトタンデムブレーキマスターシリンダーアトラス/コンドル 46011-50T26 日産純正部品。LY038トウモロコシの商業的栽培が多くの国で承認されているにも拘わらずその安全性についての一般市民の議論がまだ残っている。
この文献は、以下のサイトで見ることが出来る。
http://www.plantphysiol.org/cgi/content/full/147/3/954