「最近日本から寛容さが失われている」のは何故か

特に日常的にネットに触れている人で「最近日本から寛容さが失われている」と感じている人は多いと思うんだけれど、実際のところはどうなのだろうか。 寛容と無関心は違うことなのに、外から見たら一緒になってしまうのかな。

新幹線の車内ではしゃいでいる子どもや、夜遅くまで騒いでいる学生に対して、私達はどれだけ寛容な気持ちを保っていられるだろうか?

次世代を担う若い世代の、年齢相応の振る舞いに対してさえも、寛容よりも非難が先走ってしまう人が増えているのではないだろうか?

 

寛容さとは正反対の、きわめて自己中心的な人達もよく見かけるようになった。自分の意に沿わない相手に攻撃的な人間や他人に際限なく要求する人間が、モンスター○○などと呼ばれ、問題視されるようになってすでに久しい。

 

尤も、自己中心的な他人が増えたのか、それとも私達そのものが自己中心的かつ不寛容になったからモンスターが増えたようにみえるのか、区別するのは簡単ではないのだけれども。

ともあれ、現状をかえりみて「昔の日本人は寛容」で「現代の日本人は寛容ではなくなった」と感じる人は多そうだ。少なくとも見かけ上、日本社会から寛容さが失われたように見えるのはその通りかもしれない。

 

「身内」には寛容でも「他所者」にはそうでもなかった日本人

では昔の日本人は、本当に寛容だったのだろうか?

ここで、「昔の日本人は、誰に対して寛容だったのか?」を思い出してみると、そうでもなかったような気がしてくる。

昔、地域社会で暮らす人達がコミュニケートしていたのは、他人とはいえ他人とは言いきれない、運命共同体的な顔見知りだった。

こうした顔見知りは、現代の基準からすれば「他人」というよりむしろ「身内」に近い。農業にせよ漁撈にせよ村祭りにせよ、皆でイベントや生活空間をシェアしなければならないなかで、顔見知りへの寛容さは必要な処世術だったのだろう。

 

しかしそんな日本人が、余所者に対しては警戒的だったこと・コミュニティのウチ(内)とソト(外)を区別していたことも忘れてはならない。

たとえば「他人に迷惑をかけてはならない」「世間様に申し訳が立たない」といった言葉も、「コミュニティの人間に迷惑をかけるな」「コミュニティに申し訳ないことをするな」というニュアンスが強いのであって、コミュニティのソトの人間までが想定されていたわけではない。

そして、ソトに対しては「旅の恥はかき捨て」といった言葉も流通していたわけだ。

なので、「昔の日本人は寛容だった」と回想する際には、「あくまで身内意識の及ぶ範囲に対する寛容さ」だった点に留意する必要がある。

 

身内びいき、と言ってしまっても良いかもしれない。

その身内びいきが、家族、町内、地域、出身学校、都道府県といった具合に同心円状に意識されて 【キングショック 直輸入正規品】King Shock ランドクルーザー 200系 パフォーマンスシリーズ コンプリートキット トヨタ OEM仕様 ショックアブソーバー アジャスター付き ※リアのみ、それぞれの水準にみあった寛容さを発揮していたものを、私達は「日本人の寛容」として観測していたのではないだろうか。

 

この、身内意識・身内びいきのメンタリティは今でも日本人に残っているらしく、企業、角界、専門家集団など、身内を意識できるフィールドではそれらしい身振りをたくさん観測することができる。

そして身内びいきな人達のなかには、意志決定に際して [ホイールのみ単品4本セット] VOSSEN / VFS6 (CGP) 20インチ×9.5J PCD:114.3 穴数:5 インセット:30 DISK:MID、合理性や事実性よりも身内意識を重視する人が少なからず混じっているらしく、“「ウチ」か「ソト」か”がもめごとの源となることも珍しくない。

 

身内意識をもてる情況を選んで、寛容に(あるいは甘く)振る舞おうとする人はまだまだ多いようだ。

 

「身内がいなくなった」→「寛容さの対象もいなくなった」

ところが、街から身内がいなくなってしまった。

都道府県や市町村レベルはもちろん、町内や地区という意識も希薄になって久しい。

生活空間も文化も風習も共有しないオートロックマンションの住民やニュータウンの住民には、じゅうぶんに身内意識を持てるようなコミュニティが存在しない。

駅の構内やショッピングモールで遭遇する他人も、イベントや生活空間を共有しない、まったくの他人ばかりである。

 

そういった、一期一会で顔も覚えられない他人に対し、身内意識を抱くのは不可能に近いし、若い世代だけでなく老年世代さえもが、不寛容で自己中心的な態度を選ぶのも、自然といえば自然かもしれない。

そういう人達は、たとえばショッピングモールを「他所」「ソト」と認識し、「身内に迷惑をかけるな」より「旅の恥はかき捨て」に近いモードで振舞っているのだろうし、その認識自体は間違っていない。

 

こうした現象を、

、「日本人が寛容ではなくなった」と捉えるのはたぶん間違っている。

現代人が過去の田舎者より不寛容になったというより、身内とアイデンティファイできる人間に出遭わなくなって、寛容に振舞う相手がいなくなっただけではないだろうか。

 

失われた「身内」を求めて

ところで、こうした「身内の喪失」は、地域や街だけでなくもっと広いレベルで起こっている。

日本企業が強力なコミュニティ的性格を漂わせて外国人をビビらせていたのも遠い昔のことで、身内意識はどんどん希薄化している。

 

とりわけ、契約社員のような雇用システムのなかで身内意識を抱くことはほとんど不可能である。

また家族関係に関しても、核家族化が進み、その核家族すらバラバラになりやすい昨今、身内意識のよりどころとしては弱くなる一方だ。

結果、多くの日本人は、かつて無いほど「身内」の少ない、お互いに寛容さをシェアできる相手の少ない境遇を生きることになった。

「身内と他所」、「ウチとソト」という意識がいまだに強い日本人にとって [Projectμ] プロジェクトμ ブレーキパッド レーシングN1 FFR リア用 CR-V RD5 01/9~ AT VSA無&MT 2.0L 本州・北海道は送料無料 沖縄・離島は送料1000円(税別)、これは簡単なことではない。

 

“しがらみ”からの開放はいいとしても、そのかわり、寛容になれる相手も見いだせず、誰かの寛容さにもたれかかることもできない――ついでに言うなら、甘えたい願望も甘やかす願望も充たせない――のである。

 

こうした「身内」にまつわる願望を代償するためか、日本のインターネットには、身内意識を疑似体験できるような、村感覚じみたコミュニティが繁栄してきた。

『ニコニコ動画』『2ちゃんねる』『Mixi』といった日本固有のインターネットサービスには、ヴァーチャルな身内感覚を体験しやすいものが多かった。

外国由来のSNSにも ブレンボ ブレーキディスク 09.7043.20 三菱 ミツビシ シャリオ N34W N44W 91/5~97/8 ABS付 フロント左右セット、党派性を剥き出しにした、身内には甘すぎるほど寛容で 、身内以外に対して残酷すぎるほど不寛容な、小さなネットコミュニティ群 (virtual village、と表現したくなる) が林立している。

 

そうしたネットコミュニティ群は、失われた「身内」を埋め合わせたい日本人の心の隙間を埋める“こころのサプリメント”として機能しているのかもしれない。

だが、こんにちのインターネットの風景が示しているように、身内びいきに無我夢中のネットコミュニティ同士は不毛な争いや相互不理解に陥りやすく、“こころのサプリメント”以上の役割を担えるとは思えない。

 

身内という「内側」にしかアタッチメントのついていない小さなネットコミュニティがいくつできあがったところで、政治的・社会的に有意味なまとまりができあがる可能性は低い。

身内を失った私達は、どのように繋がり、どのように共生していくべきなのだろうか。

 

――『シロクマの屑籠』セレクション(https://p-shirokuma.hatenadiary.com/entry/20110210/p1)(2011年2月10日投稿) より

 

【お知らせ】

Books&Apps ライター公募コンテスト実施中【賞金50万円】

ビジネスエンターテイメントを追求するBooks&Appsでは、ただいま新しい才能を発掘するためのライター公募コンテストを開催中です。(〆切2019年5月10日※募集期間を3月31日から延長しました。)

詳しくは[公募特設ページ]をご覧ください。
4月Books&Apps主催セミナーおよび無料相談会のお知らせ【無料】

自社でオウンドメディア運用を検討、もしくは改善を検討中のwebマーケティング担当者および企業幹部、企業経営者さま対象に無料セミナーおよび相談会を実施しております。

■4月セミナー 
4/12(金)15:00〜16:30@渋谷
お申込み・詳細は[Books&Apps主催セミナーお申込みページ]をご覧ください

■4月無料相談会
毎週火曜日14時〜17時他
お申込み・その他日程詳細は[オウンドメディア運営無料相談会の日程のご案内]をご覧ください

 

【プロフィール】

著者:熊代亨

精神科専門医。「診察室の内側の風景」とインターネットやオフ会で出会う「診察室の外側の風景」の整合性にこだわりながら、現代人の社会適応やサブカルチャーについて発信中。

通称“シロクマ先生”。近著は『融解するオタク・サブカル・ヤンキー』(花伝社)『「若作りうつ」社会』(講談社)『認められたい』(ヴィレッジブックス)『「若者」をやめて NARDI ステアリング トヨタ ハイエース/レジアス H200系 16/8~25/11 FET BOSS KIT(FET ボスキット)・NARDI(ナルディ) ステアリングセット ステアリングボス BOSS〔FB539〕/ステアリング〔N754〕、「大人」を始める 「成熟困難時代」をどう生きるか?』(イースト・プレス)など。

「若者」をやめて、「大人」を始める 「成熟困難時代」をどう生きるか?

twitter:@twit_shirokuma

ブログ:『シロクマの屑籠』