Puig 5014J REAR-FENDER [MATT BLACK] Kawasaki ZX-6R (09-17) ZX-6R636 (13-17) プーチ リアフェンダー


 >  > Puig 5014J REAR-FENDER [MATT BLACK] Kawasaki ZX-6R (09-17) ZX-6R636 (13-17) プーチ リアフェンダー

Rainbow Bird

第11章  空


風が頬を撫ぜて吹いてゆく。

眼下には、遥かに広がる大地が見える。

 

ここはホワイトウィンドの狭く小さな生活空間。

ホワイトウィンドにはあとコックピットとエンジンルームがあるばかりである。

円い窓を斜めに開けば、心地よい風がそこから流れ込んでくる。

「ね、ラレア」

「なあに?」

「あたしさ、ロイが妖精だったなんて知らなかったよ」

「妖精の親戚がいるらしいってことはわかってたんでしょ?」

「そうだけどさ」

レッジはうつむいた。

エンジン音はほとんどしない。生活空間は意外に静かである。

風の妖精なだけあって、ラレアは風を受けて、いつもよりいっそう、輝いて見える。

「妖精って、結局なんなの?」

「『力』を使えたら妖精だ、って私は考えてる。けど、人によっては違うみたいよ。『力』が使えなくても妖精の親戚がいれば妖精だ!って人もいるし」

「わからない」

レッジは頭をふった RK アールケー TAKASAGO CHAIN GVシリーズゴールドチェーン GV525X-XW リンク数:118。長いみつあみが、揺れる。

「『ナイト』とか『特別』とか・・・・。ロイがジジの孫だって時点で気がつけばよかったわね」

ラレアはぽつりとつぶやいた トヨタ ランクル FJ61V 丸目 フロントメッキ左ベゼルグリル。

「どういうこと?」

「・・・・・・レッジ」

ラレアはなんとも言えない悲しそうな瞳でレッジを見つめた。

「レッジはレインボーバードの羽根を運ぶのよね?」

「うん。お兄ちゃんに!!」

レッジは瞳に決意の色を燃やして答える。

「お兄ちゃんに、渡すのよね。そうよね!!」

ラレアはうなずいた。

 

「と・こ・ろで!」

レッジは考え込んでしまったラレアに大声で呼びかけた。お得意のオペラ歌手なみの大声で。

「み、耳がいたいわ・・・・」

「フクロウレルってさ、ラレアのおじさんだよね?」

レッジ、ラレアの言葉も気にしない。

「そうよ、フクロウレルおじさまは、私の伯父さまよ」

「んじゃさ、なんの妖精なの?」

ラレアは一瞬眉をひそめた 15インチ サマータイヤ セット【フレアクロスオーバー(MS31S)】MANARAY ユーロストリーム BV25 ブロンザイトレイヤード 4.5Jx15Bluearth AE-01 165/60R15 ALPINEアルパイン9.0型WVGAリアビジョンRVA9S-L-B+C-HR専用取付キットKTX-Y709BKセット。

「なんで?」

「だってさ、ラレアは風の妖精で、石の『力』に弱いんでしょ?フクロウレルは学院の人たちを石にしてたじゃん?」

「ああ、伯父様はね『愚者』の妖精なのよ」

「へ?」

レッジは思わず間抜けな声を出してしまった。

「伯父様の『力』は普通の妖精の『力』より、よっぽど強いはずよ。女神様よりも強いかもしれないぐらい。なんたってふくろうなんだから」

ラレアは力説する。あの白い偏屈ふくろう、フクロウレルは意外にすごいようだ。

妖精の『力』はレインボーバードの『力』から生まれているという。
そのレインボーバードにより近い形なのだから、『力』もより強力なのだろうか。

「けどね、伯父様は『愚者』だから・・・・・・」

ラレアはうつむく。

Puig 5014J REAR-FENDER [MATT BLACK] Kawasaki ZX-6R (09-17) ZX-6R636 (13-17) プーチ リアフェンダーオンライン

「なんなの?」

レッジは陰のかかったラレアの顔を心配そうに覗きこむ。

「なんでも知ってるけれど、何も知らない ブレンボローター ビスタ SV33 90/7~94/6 フロント用左右1セット 送料無料 。・・・・難しいことを考えると、眠っちゃうのよーっ!!」

「はあ?」

「難しいこと、例えば“自分はどうしてここにいるんだろう”とか、“人類はどこからはじまったのだろう”とか。そういうことを考え出すと、もう、『愚者』の『力』は自動で睡眠状態になっちゃうの」

『愚者』じゃなくても眠くなりそうだよ、と、レッジは言いたかったが、ラレアがあまりに真剣に嘆いているので、言うのをやめておいた。

「『愚者』は『運命の輪』を回すんだそうよ。伯父さまはいっつも言ってるわ」

「なんだろうね。それ」

「私もわからないわ。伯父さまのいうことは」

なんとなく納得した、レッジであった。

 

Puig 5014J ウィンタースポーツ REAR-FENDER [MATT BLACK] Kawasaki ZX-6R (09-17) ZX-6R636 (13-17) VENERDi プーチ リアフェンダー

☆    ☆    ☆

 

 

その頃。

ロイとジィンクはコックピットにいた。

「いいべなぁ、ジィンクは飛行艇運転できて。俺なんかは牛車ぐれぇだんべ、運転できんの」

「そうだろ、そうだろ?飛行艇は男の浪漫だよな」

得意げにジィンクは笑う。

「これって、どうゆうしくみで動いてんだ?」

「これはな、まあ、オレの愛情と根性で動いてるんだぜ」

実際、この飛行艇の動力はジィンクの『力』によるところが大きい。

「俺も運転してみてぇなあ。いいべなぁ・・・・・」

ロイはうらやましそうに目を細めた。

コックピットはロイには到底わからない機械類で囲まれている。

目前の幅広い窓からは、真青な空が見えている。

「やってみっか?」

「いいべか?!」

「いいべ、いいべ。やってみー」

ジィンクはいつのまにかロイの言葉がうつりつつある。

ロイはドキドキしながら操縦桿を握り締める。

ズンッと重力がかかったような気がした。まるで、あの幻の剣や盾を出したときのような感覚だ。

「感じるか?それも『力』だ」

ジィンクは低い声で告げる。

「・・・・こ、これも?」

「すごいだろ、意外とさ。使い方によるんだよ、『力』ってさ。少なくとも俺はそう思ってるぜ。そりゃ、『人』も恐れるわけだよな」

「そ、そういうもんだべか?」

「ああ。そうそう、お前は『ナイト』の妖精だから、本当は俺なんか比べ物にならないぐらいの『力』を持ってるんだぜ。ただ、使うチャンスがないだけで」

ロイはあの時のこと―――兵士を殺してしまったときのこと――を思い出して、眉をひそめた。

あんな思いをする『力』なんか、欲しくない。いらない。

そう叫びたかった。ロイの顔色が青くなったのを見とって、ジィンクは運転を変わった。

「わかんねぇもんだよな、『力』ってさ。どこから生まれて、どこへ行くのか、もな」

ジィンクのつぶやきにロイは無言でうなずいた。

 

ただ、彼にできることはレッジを『守ラナキャ』ということだけだ。

 

 

「なんかさ、ほんっと、わからないことだらけだね」

レッジはラレアのいれた紅茶をすする。なかなかに優雅な時間である。

「そうね」

ラレアはうなずく。

―――わたしにさえも、わからないことだらけだわ――――

「これをさ、お兄ちゃんに届けるのはいいけどさ、お兄ちゃんは何に使うんだろう?」

レインボーバードの羽根を取り出して見つめる。七色の輝きはまったく、あせる気配がない。

レッジはハンスが自爆してしまったときのことを思い出していた。

レインボーバードの羽根。これを使うと「力」を集めることができる?

REAR-FENDER 5014J リアフェンダー ZX-6R (13-17) プーチ Kawasaki Puig (13-17) (09-17) BLACK] 5014J [MATT ZX-6R636

そんな『力』を女神の塔で使ってどうするのか。

「レッジ・・・・・・・」

ラレアは少し複雑な表情をしている。

「もうすぐ、お兄ちゃんのところに着く。そのとき全部がわかるのかな」

 

すべてを知るときが、もうすぐ来ようとしていた・・・・・・・。


挨拶

 

さて。『鳥の尾の島』編がはじまってしまいました(爆)

ちょっと短めだったかも・・・(汗)

これから、謎が謎を呼び終結へ~~~?

話が、展開が、すべてが、ここからものすごく急になってまいります。

Puig 5014J REAR-FENDER [MATT BLACK] Kawasaki ZX-6R (09-17) ZX-6R636 (13-17) プーチ リアフェンダー

さらに、ここから、世界が変わる・・・・かも?(爆)

 

次にゃ、懐かしの人々が登場してきたり、こなかったり・・・・・♪

 


ウェッズ スポーツ ブレーキパッド レブスペック プライム リア用トヨタ カローラレビン AE101 91/6~95/5 スーパーストラット, GT-Z

14インチ サマータイヤ セット【適応車種:R2(RC系)】WEDS レオニス FY パールブラックミラーカット 4.5Jx14SINCERA SN832i 155/65R14

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-31712