BLITZ ブリッツ TV-JUMPER (標準装備/メーカーオプション) 切り替えタイプ TSM06 MITSUBISHI デリカスペースギア(DELICA SPACEGEAR) PD4W,PD6W,PD8W,PE8W,PF6W,PF8W H8.6-


 >  > BLITZ ブリッツ TV-JUMPER (標準装備/メーカーオプション) 切り替えタイプ TSM06 MITSUBISHI デリカスペースギア(DELICA SPACEGEAR) PD4W,PD6W,PD8W,PE8W,PF6W,PF8W H8.6-
フィードバック制御とフィードフォワード制御

理化工業ホーム > 純正 ATF ミッションオイル 20リットル缶 マツダ ファミリアバン BMVFY10用 オートマチックフルード M-III K020W0046E 純正品 オイル 20L 純正オートマオイル技術解説ホームページ > フィードバック制御とフィードフォワード制御

1.フィードバック制御とは、
PID制御を用いた調節計は、「温度」「流量」「圧力」・・・などを望んでいる値に自動的に制御する計器であることはご存じの事と思います。
では、調節計はどのような手順で自動調節を行っているのでしょうか?
図1のような加熱ヒータ付きの「被加熱物」を「室温:T0」から「ある温度:Tset」に制御する場合を例に考えてみましょう。
温度制御の対象となる「被加熱物」を、以降では「制御対象」と呼ぶことにします。

図1
   制御対象の温度を測定するために内部に「温度センサ」を埋め込み、さらに 【送料無料】 225/55R18 18インチ KYOHO 共豊 シャレン XR-75 モノブロック 7.5J 7.50-18 DUNLOP ダンロップ グラントレック PT3 サマータイヤ ホイール4本セット、ヒータに電力を供給する「電力操作器」と「温度調節計」を用意して、図2のように接続し制御させることにします。

図2
   これにより温度調節計は、以下の(1)~(4)の手続きを繰り返して制御対象の温度を設定温度となるように制御を行います。
 (1) 制御対象の温度:PVを測定し、「PV」と「設定温度:Tset」との温度差を計算します。
 (2) この温度差に応じて、ヒータに供給するべき電力量を計算し電力操作器に計算結果を出力します。
 (3) 電力調整器は、

BLITZ ブリッツ TV-JUMPER (標準装備/メーカーオプション) 切り替えタイプ TSM06 MITSUBISHI デリカスペースギア(DELICA SPACEGEAR) PD4W,PD6W,PD8W,PE8W,PF6W,PF8W H8.6-,[#tong##]

テレビナビジャンパーとは?■ 同乗者の方が、走行中にテレビやDVD・Blu-ray・ゲームのモニターとして楽しめる機能をプラスします。■ 本体と車種別専用ハーネスをセットパッケージとし、取り付けはカプラーオンのみ。本体とハーネス類を別々に買う必要はありません。■ 標準装備ナビやメーカーオプションナビに加え、ディーラーオプションナビにも幅広く対応。■ エンジン始動と同時にTV視聴が可能になる「スイッチレスタイプ」と、必ずスイッチ操作を行なってからモードが切り替わる「TV切替タイプ」を設定。※詳細はメーカーサイトにてご確認ください【適合】車種:MITSUBISHI デリカスペースギア(DELICA SPACEGEAR)型式:PD4W,PD6W,PD8W,PE8W,PF6W,PF8W年式:H8.6-取付位置:トランクルーム右側

、温度調節計からの出力値に応じた電力をヒータに供給します。
 (4) ヒータに電力が供給されることにより、制御対象の温度が変化します。
このような、 「温度の計測」 → 「制御演算」 → 「操作量(操作出力値)の出力」 → 「温度の変化」 → 「温度の計測」 → ・・・
という閉じたループにより制御を行いますが、この閉じたループを「閉ループ制御(closed loop control)」といい、閉ループを作り加えた操作量(操作出力値)の結果にあたる”温度変化”を帰還(feed back)して制御する方法を「フィードバック制御(FB制御)」と呼んでいます。

2.フィードバック制御の優れているところ.
このようにフィードバック制御は お客様ご注文依頼分 MPV LY3P アウターハンドル他 マツダ純正部品、現在の温度状態を検出してから出力量を決定するという方法で制御を行いますので、例えば
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-84383