>  > 【送料無料】【取り寄せ商品】欧州車専用ブレーキパット クランツジガ ベーシック(リヤ用) GR75071 ブレーキダスト ホイール 汚れ
ウェッズ スポーツ ブレーキパッド レブスペック プライム フロント用スバル ディアスワゴン S321N 09/9~

【送料無料】【取り寄せ商品】欧州車専用ブレーキパット クランツジガ ベーシック(リヤ用) GR75071 ブレーキダスト ホイール 汚れ

【送料無料】【取り寄せ商品】欧州車専用ブレーキパット クランツジガ ベーシック(リヤ用) CMS GR75071 ブレーキダスト ホイール ◇(まとめ) 汚れ

お料理

  • 簡単料理レシピ
    超簡単にできる手抜き料理レシピ集。 ホームベーカリーで作るパン、 ホットケーキミックスで作るお菓子、 塩麹を利用した料理 【Rウインカー】スズキ エブリィワゴン[DA17W]リアウインカーランプLED T20S T20シングル WHITE×COB パワーLEDウインカーランプ用ウェッジシングル球 LEDカラー:アンバー 全光束:250ルーメン 1セット2球入(5-D-9)、 残り物で作るお昼などなど。

海外ドラマ・映画情報

  • メルローズプレイス
    90年代の人気ドラマ、メルローズ・プレイスの全エピソード紹介。
  • マイ・ネーム・イズ・アール
    現在FOXチャンネルで放送中のコメディ、「My Name Is Earl」のエピソード紹介、キャスト&キャラクター紹介。アールの悪行リストもあるよ!
  • ペッパー・デニス
    レベッカ・ローミン主演の報道ラブコメドラマ、ペッパー・デニス。彼女の魅力満載で、笑って泣ける傑作であるにも関わらず、たった13話しか作られなかったこの作品のエピソード紹介。
  • サンタバーバラ
    84年~93年にかけてアメリカで放送され、大ブーム(?)となった、チープなソープオペラ、サンタバーバラ。日本での放送分のストーリーダイジェスト、キャラクター紹介のページ。
  • グレイズ・アナトミー
    シアトルを舞台にしたコミカル・恋愛・医療ドラマ、「グレイズ・アナトミー」のエピソード、キャスト&キャラクター紹介、トリビア、受賞情報など。
  • アカデミー賞2014情報
    2014年アカデミー賞の結果紹介。
  • アニマル天国は今日も晴れ
    ドリームワークス制作のCGIアニメ、「アニマル天国は今日も晴れ」のエピソード、キャラクター紹介、トリビアなど。
  • デスパレートな妻たちエピソード
    エピソードやキャラクター&キャスト紹介、トリビア、ウィステリア通りの地図(お宅紹介)、まちがい探し、関連商品など
  • 映画
    心に残った映画の紹介。Ray、ミリオン・ダラー・ベイビー、大陸横断バイクの旅、ビッグ・フィッシュ、シンデレラマン、プリティ・イン・ニューヨークなどなど。
  • マルコム・エピソード
    ドラマ「マルコム in the middle」のエピソード集

音楽関係

お気に入りCD

ビーズアクセサリー

マイキーのおすすめ

2014年2月19日 (水)

ブレーキダスト GR75071 ベーシック(リヤ用) ベーシック(リヤ用) クランツジガ ホイール ホイール 汚れ 【送料無料】【取り寄せ商品】欧州車専用ブレーキパット

 実は見るつもりは全く無かったのだが、連続放送をたまたま見たら意外と面白く、ついに最後まで見てしまった。「キリング」でおなじみのデンマークの作品。スーパードラマTVで放送。原題は"Borgen"で、城とか要塞と言う意味らしい。迎賓館、国会議事堂や内閣府、最高裁判所など、デンマークの三権に関する施設がおかれている「クリスチャンボー宮殿」のニックネームでもあるらしく、ここでは「国会」や「政府」を意味すると思われる。


 夫と二人の子供と幸せな家庭を築いている女性ビアギッテ・ニューボー。彼女は小さな政党の党首として活躍していた。総選挙直前、首相のスキャンダルが発覚し、ビアギッテの政党は大勝利を収める。さらに、他政党との交渉をうまく進め、デンマーク初の女性首相に就任するが…

 ビアギッテ役にシセ・バベット・クヌッセン。夫フィリップ役にミケール・ビアクケーア。ビアギッテのスピンドクター(メディア担当の選挙参謀)カスパー役にピルウ・アスベック。テレビ局のキャスター、カトリーネ役にビアギッテ・ヨート・スレンセン。カトリーネのボス、トアベン役にソーレン・マリン(キリングのイエン・マイヤ)。

 名前が覚えにくいのがちょっと問題だが、首相はとてもチャーミングだし、政界の裏事情も見えてなかなか面白い。当初はラブラブだったビアギッテとフィリップ。献身的に家事もこなして妻に協力していたフィリップだが、一緒にいる時間が次第に減り、さらに次第に命令されるようになり、不満を募らせる。最終的には、自分のやりたい仕事まで、妻の都合で辞めさせられたことで、破局してしまう。

 これにはとても考えさせられた。男女が逆だったらここまで問題にはならなかったのではないか。そう思えてならない。妻に腹を立てるのはわかるにしても、他の女に走るってのはちょっと解せないというか、唐突。そもそもそういう男だったのか。家事は家政婦を雇うという手だってあるだろう。政治を目指す女性を妻に持ったなら、もう少し協力しても良かったのでは??

 このドラマ、女性首相が主人公だが、もう1人の主人公といえるべき人物がいる。キャスターのカトリーネだ。脇役かと思っていたが、どうやら違う。そして、カトリーネと [純正シート対応]CA/CB/CC/CD系 ミラージュ用シートスタンド(Type-3)、首相のスピンドクターであるカスパーが、親密であることが、さまざまな問題を生む。

 現時点でシーズン3まであり、それぞれ10話。意気揚々と首相に就任したビアギッテは、シーズン1の終わりでは暗く心を閉ざした 、政治家の表情に変わっていた。彼女は家庭よりも首相でいることを選んだ。彼女の苦悩はまだまだ続く。

2014年2月19日 (水) 2.海外ドラマ(英米) | 固定リンク

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

投稿: 添え状の書き方 | 2014年6月16日 (月) 10:36

コメントを書く

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-56233