>  > [カワイ製作所] フロントロアアームバー 【 アトレーワゴン [S300系] 】

[カワイ製作所] フロントロアアームバー 【 アトレーワゴン [S300系] 】

[カワイ製作所] TZレプリカ フロントロアアームバー 【 アトレーワゴン JPスタイルクレーヴァー [S300系] 】

顔料染めの広がり

顔料プリント

顔料を用いた最もポピュラーな仕上げ方法に「顔料プリント」があります。
顔料はこれまで発色性の面で染料には大きく差が出ていましたが、最近技術が進み、インクジェットプリンターにもインク原料として正式に採用されるなど、以前に比べ染料と遜色ないほどの豊かな色調を表現することが可能になりつつあります。顔料の物性に関していえば、染料よりも紫外線に対する強さなど経年変化に強く、色調再現は安定しています。そこで DYNASTY アルファード ANH/MNH 10系 [後期期] Series Chapter 2 FULL KIT 5 PIECES、顔料を用いたグラフィックやロゴ、マー クなどをプリントしたTシャツなどが最近、急速に広がってきているのです。
顔料プリント(顔料捺染)は、別名「樹脂バインダー」とも呼ばれる手法です。
先述の通り、顔料自体には繊維との親和性はほとんどありません。そこで顔料を繊維に固着させるために、仲立ちとなる樹脂「バインダー」を使用することが必要になります。バインダーが 顔料と繊維を結びつける接着剤の役割を果たすのです。

顔料プリントは、プリント後に熱処理を施すだけで完成します。染料を用いる手法に比べ、発色、水洗いの工程が不要なので、工程管理もそれ程複雑ではありません。したがって加工コストも低減できるので、比較的低価格帯のアイテム、Tシャツやトレーナー等、カットソー類に広く用いられています。

顔料プリントにおいては、熱処理の条件が品質を左右する重要なポイントになります。充分な熱量を均質に加えなければ、バイン ダーの顔料と繊維との間の架橋が進まず、剥離、脱落、ひび割れ等の原因になりがちです。逆に言えば、顔料プリントで起きるトラブルは、ほぼプリント時の熱処理に問題があったことが原因と考えてもよいでしょう。

顔料染め - pigment dye

顔料の特徴を最もよく引き出す典型例がこの「顔料染め」と、次に示す「顔料落とし」の手法です。
顔料染めは、一般的に糊剤(ビヒクル)と混ぜ合わせた顔料液に素材を浸して染めるのですが、もとより顔料自体には繊維への定着性が乏しいので、「顔料で染める」というよりは、糊で混ぜた顔料を「素材に付着させる」というイメージがピッタリくるかもしれませ ん。更に最近では、静電気を発生させ、顔料を「+」 【送料無料】 215/45R17 17インチ BBS JAPAN BBS RG-R 7J 7.00-17 DUNLOP ダンロップ ルマン V(ファイブ) サマータイヤ ホイール4本セット【DUsum18】、生地を「-」に帯電させることにより、さらに定着性を高める方式も登場しています。

顔料は染料と違い繊維の中までは浸透しませんので、非常に表層的な発色性を示し、また素材には糊剤の性質も残るため、染まり上がりはある意味ウレタンコーティングのような質感になります。
顔料染めの魅力は、ノーウォッシュのジーンズと同じです。色移りのトラブルに注意し丁寧に使い続けていくと、肘や膝などこすれやすい部分から顔料が落ち始め 【メーカー在庫あり】 トップ工業(株) TOP ラチェット形トルクレンチ(ケース付) RH-180NTK JP、元の繊維が露出(白化)し始めます。また何度も洗い込むことにより、

、更に顔料は剥落し、やがて縫い目 には独特のアタリや縦落ち、フェード感が出てくるのです。
そうして何シーズンかを経てゆっくりと、お客さまだけのかけがえのない一着が誕生します。この、「服の変化を楽しむ」「服を育てる」というプロセスが、顔料染めの最も特徴的な魅力だといってもよいでしょう。

顔料落とし - pigment & wash

「カジュアル」「ビンテージ」「ナチュラル感」「ユーズド感」といった、今のファッションに欠かすことのできないキーワードを 表現できる手法として最も人気があるのが、この「顔料落とし」です。
顔料落としの原理は、上記で説明した顔料染めのアイテムに、「後加工により経年変化の効果を付加したもの」といえます。顔料染め後に様々な製品洗いを掛けることにより、何ともいえない「アタリ」「落ち感」「フェード感」等を演出するのが顔料落としなのです。

そのほとんどが、製品染めに手を加えるのですが、これに施す加工法として、

  • バイオウォッシュ
  • [カワイ製作所] 】 アトレーワゴン フロントロアアームバー [S300系] [カワイ製作所] アトレーワゴン 【

  • ストーンウォッシュ
  • ボールウォッシュ
  • ブリーチ
  • サンドブラスト加工

等があります。それぞれ上から

  • 素材を腐食させる酵素に浸す。表面が侵され、独特の風合いとフェード感が出る。
  • 文字通り「石」を混ぜて洗う。経年変化を起こしたようなアタリやスレが出る。
  • ゴルフボールなどで洗う。アタリと、石よりもソフトな質感を表現する。
  • 塩素系の漂白剤を洗い液に混合、色落ち感とムラ感を出す。
  • 肘や膝の部分、着ジワになりそうな部分に砂を吹き付け、色落ちやスレを出す。
加工法 特 徴
バイオウォッシュ 素材を腐食させる酵素に浸す。表面が侵され、独特の風合いとフェード感が出る。
ストーンウォッシュ 文字通り「石」を混ぜて洗う。経年変化を起こしたようなアタリやスレが出る。
ボールウォッシュ ゴルフボールなどで洗う。アタリと、石よりもソフトな質感を表現する。
ブリーチ 塩素系の漂白剤を洗い液に混合、色落ち感とムラ感を出す。
サンドブラスト加工 肘や膝の部分、着ジワになりそうな部分に砂を吹き付け Projectμ プロジェクトミュー HC+(HCプラス) R430 ストリートスポーツブレーキパッド リア用左右セット 主な適合:マツダ 等 ハイグリップラジアルでのサーキット走行対応!、色落ちやスレを出す。

通常これらの技法は、複数組み合わせで使うことが多いようです。例えば、酵素液(バイオ)の中でボールウォッシュをした後にサンドブラストで所々アクセントをつける...等。また洗いだけを取り上げても、洗液の成分、温度、時間等、様々な工夫が施されています。 こうした特殊な処理法は、生地メーカーや縫製工場がそれぞれ独自のノウハウを持っており、ほとんどが社外秘になっています。アパレルメーカーは 、「このアイテムにはこんな効果を与えたいので、あそこの工場さんに作ってもらおう」のように、制作業者を選択しているこ とが多いのです。
いずれにせよ、デニムスタイリングとのマッチングの良さ、エレガンス系アイテムとのリミックスコーディネートなど 【Honda】【ホンダ】【ショートブーツ】TL-T73、顔料落とし の手法により生み出されるアイテムは、

[カワイ製作所] フロントロアアームバー 【 アトレーワゴン [S300系] 】

、これからもしばらくは大きな可能性を秘めていると言っても過言ではないでしょう。

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-29342