img.wp-smiley, img.emoji { display: inline !important; border: none !important; box-shadow: none !important; height: 1em !important; width: 1em !important; margin: 0 .07em !important; vertical-align: -0.1em !important; background: none !important; padding: 0 !important; }
 >  > 【送料無料】KYB (カヤバ) NEW SR SPECIAL リア左右セット NSF1105*2本 スズキ ワゴン R MH23S 2008/09~ KYB [自動車 サスペンション ]

【送料無料】KYB (カヤバ) NEW SR SPECIAL リア左右セット NSF1105*2本 スズキ ワゴン R MH23S [0430-0802]】 2008/09~ KYB [自動車 サスペンション ] シートカバー

MH23S ワゴン KYB NEW スズキ SPECIAL 【送料無料】KYB MH23S リア左右セット 2008/09~ R サスペンション [自動車 NSF1105*2本 (カヤバ) SR ] ]

武蔵国分寺公園クリニック
院長/名郷直樹・五十嵐博

 3年ぶりに「常識の非常識」に戻ってきました。内容は特に変更はありません。 

  「意外な論文結果」を「わかりやすく」示していきたいと思います。どこまで続けられるかわかりませんが、ネタが切れることはないでしょう。よい研究というのは、

、これまでの常識を覆すような研究ですし、世の中にインパクトを与える論文というのは、すべからく、常識に反しているからです。 

  再連載の初めは、少し〝地味目〞な内容で始めましょう。ワクチンについての論文です。 

  予防接種の問診時に、患者が「少し風邪をひいている」ということはよくあることです。風邪で受診した患者に、「いつから予防接種を受けられるか」と尋ねられることも多いでしょう。中には、咳や鼻水がよくならないから、と1ヵ月以上接種を見合わせている人もいます。 

  病態生理的には、ウイルス感染症などの急性疾患罹患時はワクチンに対する免疫応答が修飾されて、十分な免疫が得られない可能性があります。また、急性疾患の症状と発熱などのワクチンの副反応が混在して、診断上問題となることを懸念する声もあるでしょう。 

  予防接種法施行規則には、予防接種不適当者として、「明らかな発熱(通常37・5℃以上)を呈している者」「重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな者」が挙げられています。 

  日本ワクチン産業協会の『予防接種に関するQ&A集2014年版』には「急性疾患であっても、軽症と判断できる場合には接種を行うことができる」とあります。米国ACIP(Advisory Committee onImmunization Practices:ワクチン接種に関する諮問委員会)の推奨では ラクティス(NCP120)(2010/11~2014/5)KYB-NEW SR SPECIALショックアブソーバ(リア左右2本)、下痢、軽症上気道感染(中耳炎を含む)、中等症以下の接種部位局所反応の既往、抗菌薬内服中、急性疾患の回復期などは、ワクチン接種の禁忌ではなく、接種の差し控えは推奨されるワクチンの接種機会の喪失(missed opportunities)につながる、とされています。 

  こうした記述からすると、「風邪をひいていると予防接種は受けられない」というのはむしろ非常識のようです。 

  元になる原著論文をたどってみましょう。 

  1996年に、MMR(麻疹‐ムンプス‐風疹)ワクチンを接種する15〜23ヵ月の小児386人を対象に、軽症疾患(上気道炎、中耳炎、下痢)罹患の有無とワクチン接種後の抗体価上昇の関連を検討したコホート研究が発表されています。369人(96%)がDPT(ジフテリア‐百日咳‐破傷風)ワクチン、Hib(インフルエンザ菌b型)ワクチン ビーナス エスティマ TCR10W/TCR20W ABS付 (93.2~96.8) swift ブレーキパッド フロント用 スーパーレーシング、経口ポリオワクチンとの同時接種です。各群の麻疹に対する抗体獲得率は CTEK シーテック WC56531 インジケーターパネル 3300mm 、上気道炎:99%(なし:97%)、中耳炎:98%(なし:98%)、下痢:100%(なし:98%)、2週間以内の上気道炎の既往:97%(なし:98%)、全軽症疾患:99%(なし:97%)と、対照群と比較していずれも同等で、ムンプス、風疹についても同様、年齢、性別、人種で調整しても関連なしという結果です。 

  ワクチンについては、2週間以内に重篤な副反応はなく、発熱や接種部位の腫脹といった軽度の副反応も、軽症疾患群と対照群との間に有意差は認められませんでした。 

  37・8℃以上の発熱がある児が除外されている点、特定の感染症や重症疾患については検討されていない点、小規模研究であるため頻度の少ない副反応については不明な点などには注意が必要ですが、ワクチンの効果の大きさを考えると、「咳や鼻水だけで熱のない風邪の患者には、ワクチンは問題なく接種できる」と説明してもよさそうです。ただ、わずか400人足らずの研究ですから、何千、何万という規模になった時に、発熱の頻度が高かったとか、熱性けいれんが多かったとかいうことになる可能性は残されています。 

  またこれはコホート研究で、症状があるにもかかわらず接種した人たちは、もともと副作用の経験がなく、その危険が低い人たちで レオニス LEONIS VT ホイール 1本 17 インチ 4H100 6.5J+50 ウェッズ スポーツ WEDS、副作用を心配する人たちは接種を避けた可能性が高いかもしれません。そう考えると、この研究では害が過小評価されており、やはり慎重に接種すべきだという意見も妥当なもののように思えます。難しいですね。

 

【参考文献】

King GE, Markowitz LE, Heath J, et al. Antibody response to measlesmumps-rubella vaccine of children with mild illness at the time of vaccination.JAMA. 1996 Mar 6;275(9):704-7. PubMed PMID: 8594268.

※ドクターズマガジン2015年2月号に掲載するためにご執筆いただいたものです。

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-98044