マル金/マルビ」同様の秀逸な二元論だが 、圧倒的に後者が多かった「マル金/マルビ」と違い、こちらのほうは「ネアカ9割:ネクラ1割」程度の比率だったと思う。つまり、

「ネアカであらずんば人にあらず」的なところがあって、みんな強迫観念に駆られていた感じだ。バブル期の大学生もそれはそれで大変だったのだよ、他人に合わせなきゃいけないという意味で。

でも、どちらかと言えばネクラな感じがする主人公が登場する村上春樹さんの小説なんかが当時も人気(『世界の終りとハードボイルドワンダーランド』が1985年、『ノルウェイの森』が1987年)だったから、「ネアカ」のフリをすることに、みんな疲れていたのかもしれない。

【関連語】 マル金/マルビ

] KYB L405S [自動車 ソニカ 【送料無料】KYB SR 2006/06~2007/08 SPECIAL (カヤバ) サスペンション 2006/06~2007/08 ダイハツ リア左右セット ダイハツ NEW NSF1049*2本