イスラエル外務省Facebookより)

ユダヤ暦の第一の月(ニサンの月)27日目、それはイスラエル人をはじめとしたユダヤ人にとって大事な日、ヨム・ハショア(ホロコースト記念日)です。

日本でもアンネの日記でよく知られているホロコースト(ユダヤ人大虐殺)。第二次世界大戦中、ナチス・ドイツによる虐殺によって [ホイールのみ単品4本セット] AME / MODELART BRAZZER (BKF) 20インチ×9.5J PCD:114.3 穴数:5 インセット:36、少なくとも600万人のユダヤ人が犠牲になったと言われています。

このホロコーストの悲劇、苦難を忘れないというのが 、ヨム・ハショア(ホロコースト記念日)の目的です。正確には、ヨム・ハズィクロン・レショア・べ・レゲブラー(יום הזיכרון לשואה ולגבורה)といい、「ホロコーストとヒロイズムを記念する日」という意味になります。

ヨム・ハショアは最初、

A-TECH/FINALSPEED GR-Volt アルミホイール 1本 フレア MJ34/MJ44 【14×4.5J 4-100 INSET45 レッドフレアブラック】

■品番-
■ブランドA-TECH/FINALSPEED GR-Volt
■メーカーMARUKA/マルカ
■商品名アルミホイール
■自動車メーカーMAZDA/マツダ
■車種フレア
■型式MJ34/MJ44
■年式2012/10~2017/2
■適合備考
■カラーレッドフレアブラック(BK/リム&センターDC REDクリア)
■本数1本
■基本タイヤサイズ155/65
■ホイールサイズ/リム径(inch)14
■リム幅(inch)4.5
■フランジ形状J
■ボルト穴数4
■P.C.D(mm)100
■インセット(mm)45
■ハブ高(mm)33
■ハブ径φ67
■DISC凸(mm)9.9
■付属品センターキャップ/バルブ
■備考鋳造ワンピースモデル
JWL・VIA適合品
■注意事項リムよりディスクが突出しておりますので、装着の際はご注意ください
■納期メーカー取り寄せ品の為、通常2~4営業日以内に発送致します。
■決済方法について※こちらの商品はメーカー直送品の為、代金引換がご利用頂けません。代金引換でご注文頂いた場合は、お客様にご確認の上、他決済方法への変更依頼、又はご注文のキャンセル処理を行わせて頂きます。

※ ご注文前に必ずご確認下さい
お急ぎの場合はご購入前に納期確認をお願い致します。
納期について
*メーカー在庫が欠品の場合、1~2ヶ月以上のお時間を頂く場合がございます。
*メーカーにて予告無く廃盤、仕様変更になっている場合があります。

返品・キャンセルに関して
*お客様都合による返品・キャンセル・商品の変更は一切お受けしておりません。
*在庫・納期・適合未確認でご購入された商品のキャンセルは一切お受けしておりません。
メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています。

、ニサンの月14日になる予定でした。なぜかというと KOMEHYO 18インチ タイヤホイールセット!ノア60系 全グレードAXEL  アクセル レディーレ ブラックミラーカット/ブラッククリア 7.5Jx18ディレッツァZ2 STAR SPEC 225/40R18、ポーランドのワルシャワにあったゲットー(ユダヤ人隔離地域)の蜂起が起きたの1943年4月19日であり カーメイト INNO イノー スバル RC系 R2用 ルーフキャリア取付3点セット INSUT + K220 + IN-B107、ユダヤ暦ではニサンの月14日だったからです。

しかしながら ▼フロントロアアーム▼トヨタ アイシス ANM15G H17.02まで 右用、ニサンの月14日はペサハ(ニサンの月15日から21日)の直前であることから不適当となり、独立記念日(イヤールの月5日)の8日前にあたるニサンの月27日になったとされています。1953年、初代首相のダビッド・ベングリオンと第2代大統領のイツハク・ベンツビによって制定されました。

ヨム・ハショアの日は 【割引クーポン配布中】siecle/シエクル レスポンスリング 商品番号:RT02RW、イスラエルの至る所で記念式典が行われます。また、記念式典が行われる12時から14時の間は、すべてのお店が営業をやめて閉まります。ヨム・ハショアの前日の夕方から夜までと、この式典の間は法律でお店を営業してはいけないことになっているそうです。

また、当日午前10時には黙祷のサイレンが響き渡ります。高速道路を走っている車でさえも一斉に止まり、車の外に出て黙祷を捧げます。

紹介した動画は2014年のヨム・ハショアのものですが、当時から半世紀以上を経た今でも、年代・性別を問わず全ての人が黙祷を捧げている姿に驚く方も多いことでしょう。

参考

この記事を書いた人

日本イスラエル親善協会 事務局
この投稿者の最近の記事