>  > マナレイ ユーロスピードG810 1本販売 ホイール クラウンマジェスタ【17×7J 5-114 INSET48】200系 MANARAY SPORT EuroSpeed マナレイスポーツ MiD アルミホイール 1枚 単品【店頭受取対応商品】

マナレイ ユーロスピードG810 1本販売 ホイール クラウンマジェスタ【17×7J BATES 5-114 INSET48】200系 MANARAY SPORT [tanabe_NF210]MJ23S EuroSpeed マナレイスポーツ MiD アルミホイール 1枚 単品【店頭受取対応商品】

 ワーワーと泣く、あいつの声がする SAMCO SPORT サムコスポーツ ラジエーター関連部品 クーラントホース(ラジエーターホース) カラー:グリーン (限定色) 450 EXC-F 2017 500 EXC-F 2017。それにかぶさるように、少し遅れてそれをなだめるお母さんの声がした。よしよし、痛かったね。もう大丈夫だよ、と優 しく言われて、やっとあいつが静かになった。二歳半の僕の弟、翔太。この前やっと、外に出かけてもちゃんと歩けるようになったばかりだ。そのくせに、パタ パタパタパタ歩きまわって、そのたびに転んで大泣きしている。ちらっとのぞくと、翔太の額は真っ赤だ。そこに冷えピタをはって頭をなでているお母さんも見 える。なぜか、無性にイライラしてきた。しかも、あっ、翔太が食べてるの、僕がこの前買ってもらったお菓子じゃないか。
 「翔太!おまえそれ、僕のだろ!何勝手に食べてるんだよ!」
 思わず大きい声で言ってしまった 低型油圧ジャッキ 20トン MHB-20 MASADA(マサダ製作所)。すると、
 「光太!いいじゃないのお菓子くらい、お兄ちゃんでしょ?」
 と、逆に僕がしかられた。ちぇっなんだよ翔太ばっかり。僕はふいとそっぽを向いて二階へかけ上がった。下からはお母さんが翔太をあやす優しい声が聞こえ てくる。その声を聞いてるうちに、イライラがなんだかモヤモヤに変わって、ちょっぴり泣きたくなった。
 「なんだよ、お兄ちゃんでしょ?って。翔太がいるからお兄ちゃんになっちゃったんだ。」
 ぐすっと鼻をすすって、涙をぬぐった。
 「光太!」
 お母さんが下で呼んでいる。僕は慌てて、パチパチとまばたきをして、降りていった。
 「はい、これでさっきのお菓子、買ってらっしゃい。」
 と、お母さんは僕に、百円玉を二つ、渡してくれた。僕はびっくりして思わず、
 「一人で?」
 と聞いた。するとお母さんは、
 「光太はもう五歳だもんね。お兄ちゃんなんだし、一人で行ってらっしゃい。」
 と言った。僕はうれしくなって、
 「うん!」
 と応えた。すると邪魔が入った。

マナレイ ユーロスピードG810 1本販売 ホイール クラウンマジェスタ【17×7J 5-114 INSET48】200系 MANARAY SPORT EuroSpeed マナレイスポーツ MiD アルミホイール 1枚 単品【店頭受取対応商品】公式通販

。翔太だ。
 「おにーちゃんが行くなら、ボクも行くー。」
 と、パタパタこっちにやってきた。
 「ええっ、ダメだよ翔太、兄ちゃんは一人で行くんだから。ね、お母さん?」
 と聞くと、予想外にも、
 「じゃあ二人で行ってらっしゃい。光太、翔くんをよろしくね?」
 と言われてしまった。一人で行きたいのに!ちらっと翔太を見ると、ワクワクした顔で僕を見上げている。しょうがないなぁ。
 「……わかった。」
 と渋々返事をすると、翔太はいそいそとくつを出し、お母さんにはかせてもらった。
 「いってきまーす!」
 と元気な翔太を連れて僕は近くのスーパーへ向かった。翔太は僕の半歩後ろをついてくる。てくてくてくてく。道を渡って信号をこえる。しばらくは楽しそう についてきていたけれど、信号をこえたあたりでは翔太は楽しそうではなくなってきた。疲れてきたみたいだ。てくてくてくてくが、のろのろのろのろになり始 める ■DIXCEL(ディクセル) ミラージュ ディンゴ CQ2A MIRAGE DINGO 99/12~00/12 フロント ブレーキパッド M タイプ。全く、だからダメって言ったのに。僕は、
 「ほら、もう少しだよ。ちゃんと歩けよ。」
 と言って、手をつないでやった。
 スーパーに着いた。翔太は少し元気になったみたいだ。キョロキョロとあたりを見回している。ええとお菓子は……。と僕もいっしょにキョロキョロ。お菓子 の看板を見つけて、
 「翔太、こっちだよ。早く来い。」
 と翔太を呼んだ。パタパタと翔太が急いだ様子でこっちに来る。と、その時、ベチッとコードにつまずいて転んでしまった。
 「う……。わぁぁぁん!」
 翔太が泣き始めた。あぁもう!面倒だなぁ。僕は翔太のそばにかけよった。さっき家で打った額を、また打っちゃったみたいだ。そっと冷えピタをはがしてみ ると、翔太の額はさっきよりも真っ赤になっていた。泣きやまない翔太…。どうしよう。もう冷えピタは温まっちゃってる。何か冷やせるようなものは…。辺り を見回した僕の目にアイスの棚が映った。あれだ!僕はアイスの棚にかけよった。たくさんあるアイスの中で一番安いのは百十円の棒のアイスだ。でも…。これ を買っちゃったら、お菓子が買えなくなっちゃう。お母さんは僕に、二百円しかくれなかったから。でもお菓子じゃ翔太の額は冷やせない。ちらっと翔太を見る と、額がこぶになっていた。それを見て僕は、アイスを買うことに決めた 。お菓子はあきらめよう。そのアイスを持ってレジに向かう。お姉さんがアイスにあの ピッという機械をあてる。
 「百十円になります。」
 僕は二百円を渡した。僕にはアイスとおつりが渡された。それを持って翔太のところへ戻ると、こぶになった額にアイスをあてた。
 「ほら、それあてとけよ。」
 翔太は少し驚いたように僕を見た。
 「おにーちゃん、おかしは?」
 とたずねる翔太に、僕は、
 「お菓子はいいの。ほら、帰るぞ。」
 と答えた。翔太の手をとり出口へ向かう。帰り道は行きより長く感じた。長い影の伸びるオレンジ色の道を翔太と二人で歩いた。影を見ていると、だんだん、 翔太は僕より小さいんだな、とわかってきた。影の長さは僕の半分くらいしかない。僕は普通に歩いていても、翔太は少し小走りになって歩いている。僕は翔太 より大きいんだ…。大きいからしっかりしてなきゃいけないし、面倒もみなきゃいけない。もうお母さんをひとり占めすることもできないし、お菓子もゆずって あげなきゃいけない。それが「お兄ちゃん」なのかな…。となりの翔太を見下ろすと、なんかすっごく小さく見える。小さい手で、大きなアイスを持って、額に あてて……。そう思ったら、たまらなくなった。翔太はまだ長くは歩けない。ちっちゃいから。もう疲れてるんじゃないかな……。よし。僕はすっとかがんだ ★送料無料★(一部離島等除く) 【JB1-4 ライフ アールエスアール】サスペンション ライフ JB5 660 NA [18/9~] Ti2000 DOWN リアのみ。
 「翔太、疲れてるだろ。おぶってやるから、乗れよ。」
 翔太は驚いたような、うれしいような顔をした。それから、にっこりと笑うと、僕の背中によじ登ってきた。よいしょっと、翔太をおぶって立ち上がる。意外 と重い。翔太をおぶっているから、少し歩くのが遅くなる。すぐに腕や腰が痛くなった。でも僕は翔太をおろさなかった プロジェクトミュー ブレーキパッド type-ps フロント用 ムーヴ L900(メモリアルエディション-ABS付)純正ホイール12インチ車 01.9~ 送料無料。
 「おにーちゃん、ありがとう。」
 翔太の声が背中から聞こえた。僕はびっくりしたけど、すぐうれしくなって言った。
 「いいんだよ。僕は『お兄ちゃん』だからね。」
 そして翔太をあやすように揺らしながら、家へ帰った。
<解説>

 買い物というちょっとした出来事を通して、小さな男の子が、お兄ちゃんへと成長していく物語。兄弟がいる人はもちろん、そうでない人 が読んでも、 兄弟ってこういうものだよなぁ、と思わせてくれる作品です。しかもそういう作品を兄弟を持たないNATSUMIさんが書いたところに、彼女の凄みを感じま した。
 物語後半の場面では、夕焼けでオレンジ色に染まる街並をゆっくりと揺れる小さな二つの背中と伸びた影が去っていく映像が自然に浮かんできて、いつまでも 見守っていたいような優しい気持ちにさせてくれます。自分たちの影の長さを見て、主人公が、自分が兄であることを自覚するラストシーンは、今回の文集全体 を通して、私が最も好きな場面の一つです。直観的に浮かぶ美しい映像が、ストーリー上でも大切な場面に使われたことで相乗効果が高まり、とても印象強く残 るラストシーンでした。

※学年は執筆時のものです。

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-13320