>  > TOYOTA(トヨタ)/AURIS オーリスZRE152H ZRE154H NZE151H NZE154H/ ペットキャリー(Mサイズ)

TOYOTA(トヨタ)/AURIS オーリスZRE152H ZRE154H NZE151H NZE154H/ ペットキャリー(Mサイズ)

TOYOTA(トヨタ)/AURIS オーリスZRE152H ZRE154H NZE151H NZE154H/ シートカバー ペットキャリー(Mサイズ) <ボルボ

 

tokyo feature : August 27, 2014 @ 20:04

トーキョーシティポップス Vol.19 ──the end of summer



アナタのデスクトップライフを、ちょっとだけ楽しくするサウンドデザイン「トーキョーシティポップス」。


日本のシティポップスを中心に選曲した、ハイセンスなのコンピレーションアルバム『Japanese Soul for Tokyo City Pops』を、その月のテーマをもって選曲し、お贈りしていきます。


2014年8月のテーマは、「夏の終わり」。


嗚呼、今年も夏、終わっちゃいますね。。。

夏の終わりって、別にナニがあったワケでもなく、、、いやナニかあったとしても、ナゼだかセツナさだけがのこってしまいます。

ただ暑かっただけなんですけれどね、、、ナツ。


ということで、今回はオフィス街のカフェなんかで、夏バテと、カラッポのココロで、気だるく昼ゴハンをたべているアナタのBGMとなれば、コレ幸い。


ぜひ、あたらしい音楽との出会いをたのしんでください。







August『Japanese Soul for Tokyo City Pops Vol.19 –the end of summer-』





01.「Hello, my friend」
土岐麻子『CASSETTEFUL DAYS ~Japanese Pops Covers~』


夏のおわりにナゼか聴きたくなってしまうのが、2000年代シティポップクィーンの”土岐麻子”がうたうこの曲。
おなじみユーミンのカヴァーですが、イントロのギターと、マッタリとしたアレンジ具合、そして麻子先生のハスキーな歌声、すべてがセツナくて。
一曲目から、思わず「涙」してしまう、そんな選曲。



02.「In Heaven」KB
『Lost & Found』


コチラは、バンド”ペペ・カルフォルニア(pepe california)”のギタリスト”KB”のソロ作品から。
ユルーいペペっぽさも感じつつも、アガることもなく、とはいってもサガリすぎずのナイスなチルアウトサウンド。
残暑の午後って感じかな。



03.「ミスター・サマータイム」サーカス
『青春J-pops』


夏といえば、”サーカス”のこの曲。
じつは、オリジナルはフランスのシンガーソングライター”ミッシェル・フュガン”の「Une Belle Histoire(愛の歴史)」で、その日本語カヴァー曲。
そして 245/45R18 DUNLOP ダンロップ VEURO VE303 ビューロ VE303 Bahnsport TYPE 525 バーンシュポルト タイプ525 サマータイヤホイール4本セット、この『青春J-pops』というコンピレーションにはいっているのは、オリジナルとはかなりちがうかなり80’sアーバンなアレンジで、オリジナルもアーバンだが、コチラのアレンジの方がもっと深夜の夏を彷彿させる、深アーバン。
夏の終わり具合がハンパない、セツナサウンド。



04.「そんな事が」benzo
『benzoの場合 -Deluxe Edition-(2013)』


90年代に活動していたバンド”benzo”のアルバム『benzoの場合』から。
コチラは、メンバー立ち会いでリマスターされ、2013年にリリースされたDeluxe Edition。
夏の終わりのサウダージ感がいい雰囲気のナイストラックに、ボーカル”平泉光司”のソウルフルな歌声がすばらしい。
ホントに、「そんな事が」起こってしまうかもよ!というナツのおわりにアリガチなアレ的選曲。



05.「噂だけの世紀末」いとうせいこう
『Mess/Age』


1989年にリリ—スされた、日本語ラップの創生期に産み出されたアルバムから。
知っているヒトは知っている、名曲中の名曲。
プロデュースは、ヤン富田&いとうせいこう。
トラックネタは、おなじみの”ファラオ・サンダース”の「Love is Everywhere」を大胆にサンプリング。
“いとうせいこう”さんは、いまや世の中的にはTV系の人におもわれガチだが ミシュラン X-ICE XI3 エックスアイス スタッドレス スタッドレスタイヤ 225/50R18 MANARAY FINAL SPEED GR-Volt ホイール 4本セット 18 X 7 +48 5穴 114.3、本来はラッパー/表現者なのよね。
とにかく、舞楽的な歌詞というか、リリックというか、、、

TOYOTA(トヨタ)/AURIS オーリスZRE152H ZRE154H NZE151H NZE154H/ ペットキャリー(Mサイズ),[#tong##]

適応車種:TOYOTA (トヨタ) PASSO(パッソ)   対応型式:KGC30 KGC35 NGC30   対応年式:2010/2~2012/5   ■商品仕様  お車でのペット運搬用キャリー。車両シートベルトを利用して固定できます。取り外しが簡単で、使用しない時はコンパクトに折りたたむこともできます。汚れた場合、水洗いが可能でお手入れが簡単です。  設定:除く1.0X Vパッケージ  材質:本体生地・ポリエステル、メッシュ材、中敷マット・ポリウレタン  サイズ:L550×W400×H400mm  重量:1.7kg

、80年代終わりにして、完成しきった日本語ヒップホップの最高級品。



06.「I Like To Riff / アイ・ライク・トゥ・リフ」akiko
『Swingy Swingy』


ジャズシンガーの”akiko”と 、ふたりのガールズコーラスユニット”Chai-Chii Sisters(チャイチー シスターズ)”による”Rio Nido”のジャズの名曲を日本語でカヴァー。
“akiko”のリードボーカルと、”Chai-Chii Sisters”のコラースの一体感がすばらしい、まさにナイスジャズな一曲。



07.「イッツ・オンリー・ア・ペーパームーン(ヴォーカル・ヴァージョン)」田辺信一
『病院坂の首縊りの家 オリジナル・サウンドトラック盤』


“横溝正史”による「名探偵 金田一耕助シリーズ」の不朽の名作『病院坂の首縊りの家』のサウンドトラックからこの曲を。
この映画、サントラがフリージャズだったりするのでとても好き。
ちなみに、ボーカルはなんと!”桜田淳子”だったりする。
あの頃の銀幕のセカイはホントに芸達者なんだなー。



08.「たそがれマイ・ラブ」徳永英明
『the popular music』


“筒美京平”先生の名曲を、さまざまなボーカリストがカヴァーする企画盤から。
こちらは、大橋純子の名曲を徳さんこと”徳永英明”が、オトナなジャズでカヴァー。
このヒトは、やっぱり声がイイんだな。



09.「ターナーの汽罐車」山下達郎
『ARTISAN』


夏といえば、タッツ先生。
しかし [ACRE] アクレ ブレーキパッド リアルレーシング フロント用 ムーヴ / ムーヴカスタム L900S L902S 98/10~02/10 660cc NA ※代引不可 ※北海道・沖縄・離島は送料2160円、本人はそれほどは夏は好きじゃないらしいが、この曲は夏のさわやかな風を感じさせてくれる。
昼下がり、薄手の白いYシャツを素肌に着たい。
そんな夏アーバンなサマーマッドネスサウンド。



10.「そよかぜ通り(Breezin’ Avenue)」Little Tempo
『太陽の花嫁』


コチラも夏ーなオトナたちによる、トロピカルレゲエミュージック。
そよ風感じるスティールパンの音がいいよネ。
残暑を乗り切れそうな、クールマックスなクールサウンド。



11.「SWEET MEMORIES」ASIAN TAM
『SWEET MEMORIES』


“松田聖子”の名曲をハワイアンサウンドでカヴァー。
波の音からはじまって波で終わる、「なんかたのしかったよね、、、夏」みたいな。
ちょっとした確認をしたくなっちゃう、ナイスなセツナカヴァー。



12.「So Lucky」エミ・マイヤーと永井聖一
『エミ・マイヤーと永井聖一』


ゆたかなシアトルサウンドを日本語歌詞で展開した DIXCEL (ディクセル) フロント ブレーキローター PD 3418100 パジェロ V25C 96/3~97/3、”エミ・マイヤー”の最新作から。
共同プロデュースは、相対性理論のギタリスト”永井聖一”。
夏というよりは、ちょっと秋を感じさせるセツナメロディがとてもイイ。
あたらしい季節をたのしくさせてくれる、そんなラッキーミュージック。



13.「ダイヤモンド・ボッサ」Cornelius
『Holidays in the sun e.p.』


1993年にリリースされた”小山田圭吾”のソロプロジェクト”Cornelius”のこの曲。
サウダージ感じるナイスなボッササウンド。
イメージは、もう黄金に輝く浜辺の夕方。
「まだ海で遊ぶよ!」的な、そんな夏の終わりの季節感。



14.「The Last Leaf -悲しき北風-」多羅尾伴内楽團
『多羅尾伴内楽團 Vol. 1 & Vol. 2 [30th Anniversary Edition]』


“多羅尾伴内”こと”大瀧詠一”のソロトロピカルプロジェクト。
よくよく聴くと DIXCEL/ディクセル ブレーキパッド タイプM フロント ニッサン BLUEBIRD ブルーバード 排気量2000 年式00/11~01/08 型式HU14 Engine [SR20DE] 品番M321184、アレ、コレって。。。
まさに、熱き心にひびく、暑い季節の終わりを感じる、サウンダージサウンド。



15.「Sunny Side Of The Street」Baron & Jordon
『Swingset』


“サッチモ”こと、”ルイ・アームストロング”の「On the Sunny Side of the Street」を、日本語でカヴァーした、ボードビリアンの”バロン”とジョーダンのふたり。
このウクレレ感がとてもセツナくてイイ。
いま部屋で、ボーッと聴きたい曲ナンバーワン!



16.「MANATSU NO KAJITSU」THE MOTHRANS
『IN FORBIDDEN ISLAND』


“はせはじむ”率いるトロピカル楽団”THE MOTHRANS”による、”サザンオールスターズ”のあの名曲のカヴァー。
とにかく、このマッタリ感がたまらない。
サビの部分だけボーカルが入るってのも、イイネ。



17.「君と僕」東京スカパラダイスオーケストラ
『スカパラ登場』


スカパラ史上もっともセツナイ曲といえば、この曲。
アコーディオンと口笛だけ。
このシンプルだけど、すごくググッとキちゃう。
嗚呼、夏もホントに終わっちゃうなー。




※選曲は、基本的にCDやダウンロードなどで入手できるものを中心としておりますが、

TOYOTA(トヨタ)/AURIS オーリスZRE152H ZRE154H NZE151H NZE154H/ ペットキャリー(Mサイズ)

、廃盤などにより手に入らない場合がございます。 あらかじめご了承ねがいます。


Photo by healthy (http://www.behance.net/healthy-groove


Comments are closed.

NZE154H/ TOYOTA(トヨタ)/AURIS NZE151H ペットキャリー(Mサイズ) ペットキャリー(Mサイズ) オーリスZRE152H NZE154H/ ZRE154H

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-94335